背中ニキビの予防に必要なこと

シャンプーのすすぎ残しに注意!

顔にニキビが出来ると目立ってしまうことは明白なので、対策をしている人はもちろん多いと思います。

しかし、意外と気が付かないうちにできてしまっていて侮れないのが背中のニキビです。

実際、背中まで気にして対策をしている人は少ないのではないでしょうか。

背中のニキビの原因は、普段の生活習慣にあると言われています。

まずはシャンプーやリンスなどのすすぎ残しです。

普段お風呂に入っていて、意外と注意が向かない部分だと思います。

特に髪の毛が背中に達するくらい長い方はすすぎ残しができやすいので注意が必要です。


背中のニキビ対策は早めに!

すすぎ残しがあると、そこからニキビが発生しやすくなりますので、体のヌル付きをなくすぐらいにしっかりとすすぐと予防対策になるそうです。

 

頭を洗ったあとに体を洗うなどの工夫で、簡単に予防できますが、実際に私は小さい頃から最後に頭を洗うという癖がついてしまっていたので、原因に気が付くまでにはかなり時間がかかりました。

 

どんなにしっかりと背中を洗っても、ポツポツとニキビができてしまうので、これは生まれもった体質なんだろうとあきらめていました。

 

それが、頭を洗った後に体を洗うようにしたところ、2週間程度で背中のニキビが目立たなくなってきたのです。

 

次に、寝具を替えていない場合も注意が必要です。

 

寝具は汗がしみこみやすいものなので、背中ニキビができやすい状況となります。

 

少なくとも、2〜3日に1度は変えたほうが良いみたいで、可能であれば毎日取りかえる方がいいでしょう。

 

私も一人暮らしを始めてすぐに、会社から帰宅が遅くなって本当に寝るだけという生活が続いていたのもあって、寝るときしか着ていないからいいか、と1週間くらい同じシャツを着て寝ていました。

 

夜中に汗をかいている自覚もなかったので、汚れていないだろうと決めつけていたんですね。

 

でも、実際にはわからないだけで、布団を干さなきゃいけないくらい汗をかいているわけですから、シャツだってしっかりと毎日洗う方が良いに決まってますよね。

 

個人的には、綿のパジャマがオススメですね。

 

みなさん意外と見落としがちなのが背中ニキビですが、見えないからって安心していませんか?私がまさにそうだったんですが、背中ニキビと跡が残っていたけど、夏場は背中も出さないし、水着だって着ないからいいや〜と思っていたけど、ウエディングドレスを着る時だけはどうにもなりませんでした。

 

若い人ほどそんな年齢までニキビや跡が残るなんて想像もしていないと思いますが、何もケアをしないで放置していると、本当に長引いてしまうので、できるだけ早く背中にも気を使ってケアをしてあげた方がいいと思います。

(TOP)ニキビの原因は人それぞれ!自分に合った対策を見つけよう!

↑ PAGE TOP

サイトマップ