朝の1時間を使ったインプットとアウトプットのトレーニング

朝活と称して新人ディレクターの教育を行っています。123
1週間に一度。大体1時間程度の活動です。

OJTと平行して行っているのですが、これは「業務範囲について圧倒的に知識量が足りていない」人が対象です。
通常業務での教育に加えて何をやればその人のスキル向上に結びつくかを考えています。

いくつかの方法を試行錯誤してみましたが、そのうちの一つが良い感じになってきたので簡単にですが紹介させてください。

■インプットとアウトプットを両方行う

まず、一番意識したのはこれです。インプットを増やすだけでも、アウトプットを増やすだけでも効率は良くなく、両方を同時に行う必要が有るな、と。

その上で、以下のようなプロセスを実行しました。

  1. キーワードの提示(例:API)
  2. そのキーワードについて自分なりに1週間調べ、ブログにまとめる
  3. ブログにまとめた上で5分間程度でそのキーワードについて発表・説明する
  4. 講師側から足りていない観点からの解説を行う

キーワードのみの提示ということで、そのキーワードに対する様々な情報にアクセスすることになります。
また、ブログにまとめるのは集めた情報を体系化して伝えるトレーニング、実際に発表するのは要点を伝えるトレーニングになります。

講師側は「おそらくこの観点が抜けるだろうな」という風に考えて予め資料を用意しておくことにしています。
これは個人的に「わからない人の気持ちをわかるため」を意識してのことです。業界に長くいればいるほど、初学者の気持ちを忘れていってしまうので。

まだ、この方法が最善と判断するのは早いのですが、とりあえず共有まで。

1週間に1度集まるだけで良いのでオススメです。